PTC(自己温度制御)ヒーター」

自分の温度を自分でコントロールします。

PTCとは、発熱体が自己温度に対応して通電量を制御し、発熱量をコントロールする性質のことです。弊社はこのPTC特性を利用した通電量自動制御機能を備えています。
ヒーターの粒子ひとつひとつが温度センターの役割を果たし、温度が上昇した箇所を感知しその部分だけ通電を制御し、発熱量を抑えることができます。そのため無駄な電力消費を抑えて、安全で経済的な暖房システムを実現させます。



PTC面状発熱体のメリット
本製品の命ともいえるヒーターには「PTC(自己加熱制御)面状発熱体」を使用しています。このPTC技術により「冷たいところは暖かく、暖かいところは快適に」という最高の環境をご提供します。
そして常に電気が流れ続ける一般の床暖房と違い暖かくなったr自動で電気をストップその分電気代はかかりません。
つまり「必要な暖かさだけを提供、無駄な電気代は不提供」を実現しました。



抜群の省エネ効果
PTCの床暖房は発熱性が極めて高く、スイッチを入れてから短時間で快適温度へとお部屋を暖めます。その後、温度を自動で制御するので電気消費を軽減し省エネに貢献します。

PTC床暖房敷設写真

安心できる信頼の証
(財)電気安全環境研究所認定12JET第11159号
自己温度調節ヒーター用印刷インク特許第3351697号
自己温度調節面状発熱体特許第3428857号
中国特許 第90991号
ヒーター10年保障
※PTC面状発熱体のみ適用



MJP直販サイト

リンク